ジャパンカップ特別コラム

 スプリンターズステークス、菊花賞、エリザベス女王杯に続き4度目の特別コラムとなります。ジャパンカップと言えば伝統のあるレースで、過去には日本馬が海外馬に手も足も出ない時期もありました。ただ、今は完全に立場が逆転しており海外馬が日本に来ても簡単には勝てません。今回の特別コラムでは、皆様がおそらく一番気になっている海外馬3頭について詳しく見ていきたいと思います。

 ジャパンカップに出走している海外馬は次の3頭です。
①アイヴァンホウ
②アップウィズザバーズ
③トレーディングレザー
です。

①アイヴァンホウ

評価:C

総評:この馬は今回海外馬3頭の中で一番期待している馬です。2走前ハープスターやジャスタウェイが出走した凱旋門賞では日本でもお馴染みのビュイック騎手が騎乗し、外目を回った事もあって18着に敗れました。それでも、ドイツのバーデン大賞では凱旋門賞でも注目されていたシーザムーン相手に完勝し、前走のバイエルン大賞でも圧勝している事を考えると日本の馬場の適性さえ合えば楽しめそうな馬です。ただ、不安要素があるとすれば今年破れた2回がフランスでのレースで、中3週の強行軍長距離輸送の中で力を出し切れるのか。そこに尽きるだけに最終追い切りの動きには注目が必要となります。

②アップウィズザバーズ

評価:E

総評:この馬が今回一番の期待薄の馬となります。前走は展開に恵まれての2着でした。また、2走前のアーリントンミリオンステークスの2着馬がドバイでジェンティルドンナに敗れており、勝ち馬も次走のBCターフで凱旋門賞2着のフリントシャーに負けています。そう考えるとG1で通用する力があると思えず、日本の馬場に対する適性があったとしても厳しい戦いが強いられそうです。

③トレーディングレザー

評価:D

 総評:2走前のキングジョージ&クイーンエリザベスカップでは凱旋門賞3着のタグルーダ相手に完敗しています。ただ、昨年のアイリッシュダービーでは日本でもお馴染みのルーラーオブザワールドに先着しており、完全に格下とは言い難い馬です。それでも今回2ヶ月半の休み明けで、長距離遠征してのレースとなると、かなりの不利となります。ただ、週末の雨予報を考えると2.3着の押さえておかなければならないと考えています。

 以上見ていきましたが、基本的にはアイヴァンホウが一番期待出来ると思います。ただ、週末東京が雨予報である為に、海外馬にもチャンスが出てきそうな馬場状態となりそうです。

上記の事を踏まえた上で、ジャパンカップの予想は土曜日の夜に【メインコース】、【G1コース】、【重賞コース】、【クレジット決済】、『東西後半全レース予想』、『自信の4レース+重賞予想』で公開しますのでよろしくお願いします。