『パドックの魅了』

皆さんは何を参考に競馬予想をされてますか?血統やデータ、近走成績などファクターは多数あるでしょう。その中でも今日はパドックについて紹介したいと思います。

パドックは見ないという人も多いでしょう。しかし、レースに出走する全頭を同時に比較できる唯一の機会。これを見ないのは損だと思いませんか?しかし、パドック予想は敷居が高い、難しいという声もよく聞きます。馬全体をしっかり見ようとしても時間も限りがあるので簡単ではありません。
そこで、私はよく『見るポイント』を決めてパドックで馬を見るようにしています。いくつか見る箇所はありますが重要視してる箇所を簡単に紹介したいと思います。

まずはトモ。馬のお尻の部分ですね。ここは車で言うとエンジンとなる部分。ココがしっかりしていない限り速く走るのは難しいです。しかし、筋肉の質を見極めるのは簡単ではありません。そこで見るのは筋肉が張り、パンとしているか。しっかりと乗り込まれているとパンと張りがでてきます。そしてコツとしては、トモがパンとすれば尾根(尻尾の付け根)が少し上に上がり、尻との間に隙間ができます。これを見てから、競馬新聞等の調教欄で調教の本数を確認し多ければ『しっかりと乗り込まれて仕上げられた』と判断できるでしょう。それだけでも馬券検討にはプラスに作用します。

そして、次に『繋ぎ』と呼ばれるところ。これは、馬の脚の二つ目の関節(ここは球節と言う)から蹄までの部分。ここを見れば馬の適性がわかります。
主にこの繋ぎの角度が立っているとダート向き、寝ていると芝向きと言われています。そして、繋ぎの長さ。繋ぎの長さは、脚の長さに比例していることが殆どで馬のストライドにも影響します。それを見ることで短いと短距離向き、長いと長距離向きなど距離適性を知るポイントとなります。最後に太さ。細いと軽い馬場に向き、太いとタフでパワーを求められる馬場に向きます。

このようにポイントを見るだけでも、その馬の特徴や状態が少しでも見えてくると思います。

初めのうちは、なかなか難しく馬券に直結しないこともありますが見続けることで、きっと何か掴むものが見つかり馬券の収支向上にも繋がってみると思います。なるべく、現地でみることをオススメしますが、『競馬場にはなかなか行けない』という方でも、今ではJRA VANでパドック動画の配信もされています。

長くなりましたが、こんな貴重な機会を利用しない手はありません。皆さんも是非、パドックで馬を見て予想してみませんか?

そして馬をもっと好きになってもらえると嬉しい限りです。
~~~~~~~~~~~~