朝日杯FS特別コラム

今年もいよいよ残り2週で、G1も朝日杯FSと有馬記念のみとなりました。ジャパンカップ以来の特別コラムとなりますが、朝日杯FSについていくつかのポイントを挙げながら的中への近道を伝授出来ればと思います。

 今年朝日杯FSの最大の特徴と言えば、中山競馬場→阪神競馬場にコースが変わる事です。今までトリッキーな中山1600mで行われていた事もあり、内枠有利の競馬と言われてきました。ただ、今年は阪神競馬場に舞台を移し、レースが開催されます。先週阪神JFが行われたコースだけに分かっている方もおられると思いますが、次の3点について書いていきます。

①展開面(枠順や脚質有利不利に関して)
②今年のメンバーについて
③穴馬について

①展開面(枠順や脚質有利不利に関して)

 阪神外回り1600mで開催される為、中山競馬場よりも圧倒的に直線が長くなります。また、中山1600mのように外枠を引いたからと言って常に外を回らされる訳では無く、3コーナーまで距離がある分内に潜り込む事も可能です。更に、中山のようにコーナーから早目に動いていく競馬をしなくて済むため、差し馬は直線まで脚を溜める事ができ、瞬発力のある馬にとっては好都合となります。

 今回の朝日杯FSの出走予定馬を見渡す限りでは、極端なスローになりづらいメンバー構成なので後ろの馬にもチャンスが出てくる可能性大と言えると思います。最終的な展開面の判断は枠順確定後に予想の中ではもちろんですが、今週も動画配信(有料版)を予定していますのでそちらを参考にして頂ければ幸いです。

②今年のメンバーについて

 大まかな事については、展望において詳しく書きました。今年のメンバー構成を見ると2歳戦のレースが増えた影響もあり、1勝馬どころか2勝している馬でも抽選対象で、先週のロカのような未知の魅力のある馬は少ないとも言えます。ただ、週中に雪が降った影響もあって、馬場状態がどこまで回復するのか正直分からず難しいレースになると考えています。

 今年の構図としては、オッズを見る限りデイリー杯2歳組VSその他重賞1着馬になっています。各重賞のレースレベルについては、展望に詳しく記載していますので、是非そちらを参考にして頂ければ幸いです。ただ、ここで1つ取り上げるとすればクラリティスカイが勝利した、いちょうステークスのレースレベルは低いと見ています。

③穴馬について

 展開面や実力面などを総合的に判断した上で、現時点での穴馬をここで公開します。
朝日杯FSの現時点での穴馬は
コスモナインボール
ペプチドウォヘッド
です。

 この2頭に関しては馬場が渋っていても対応出来る2頭なので、出走してきた場合相手に必ず入れなければならない馬です。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。お役に立つ事が出来たか分かりませんが、あまり競馬が詳しくない人が読んでも分かって頂けるように意識して基本的な事も含め、書いていきました。朝日杯FSの予想は土曜日の夜に動画配信付きで、【メインコース】、【重賞コース】、【G1コース】、競馬予想GPの《東西後半全レース予想》、《自信の4レース+重賞予想》で公開しますのでよろしくお願いします。