『有馬記念 ~適性から見る条件好転の狙い馬~』

筆・NAOKI
2015年もあと僅か。
今年も有馬記念の季節がやってきた。
メンバーを見渡すとグランプリに相応しく豪華なメンバーが顔を揃えた。
中でも注目しているのは、リアファル。
前走の菊花賞では、大外枠から強引に先手を奪いに行ったスピリッツミノルの番手からの競馬。先行勢も入れ替わり激しく1000m通過が60.2秒の速いペース。リズム良く競馬が出来て無かったにも関わらず3着に踏ん張ったのは地力の証
また、同馬はタフな馬場が合うタイプと見ている。軽すぎる京都の馬場からタフな中山替わりは明らかなプラスでメンバー強化で人気落ちも見込めるためマークも厳しくないだろう。マイペースならアッと言わせる存在になれる馬だ。
ラブリーデイも侮れない。今年に入って素質開花。前走のジャパンCこそ敗れたものの、人気を背負う馬だけに早めに動かざるを得ない展開で、最後は決め手の差が出てしまった競馬。
見た感じ、操縦性は高く折り合いの不安も無い。それが脚質への幅を生み、成績の安定へと繋がったのだろう。
また、同馬も軽い東京で決め手を生かすより、極端な上がりを求められない中山で持久戦の方が良さが出そうだ。
先行から反応の良さを生かしてスッと動き押し切る競馬なら宝塚記念に続いてのグランプリ制覇も十分ありそうだ。
特に注目をしているのは上記の2頭。
今回の中山開催前に行われたエアレーション効果で、芝がかなり柔らかく鞍上にとってはクッション性が良く乗りやすい馬場だが、華著な馬や瞬発力を生かしたい馬には厳しいコンディションとなっている。パドックもチェックしながらトモがしっかりしている馬を重視するのが得策だろう。
以前、ダイワメジャーが有馬記念で3着に入った様にパワーが勝るタイプが距離の壁を克服しての激走があってもおかしくないのが有馬記念の舞台だ。