天皇賞(春)インタビュー

倉本:今回、対談形式などでは初登場となりますが、天皇賞(春)のインタビューが最初となりました。今の気持ちはどうですか?
馬券山田:いや〜最高でした。シュヴァルグランを○対抗評価にすべきだった点はやや後悔が残りますが、G1で2万馬券の興奮はなかなか味わえないものですから。

倉本:それにしてもお見事でした。あの錚々たるメンバーの中で、今回はどうしてキタサンブラックを◎に指名されたんですか?
馬券山田:やはり、一番は枠順が大きかったと思います。前に有利な展開になる事はある程度予測できたので、先行馬を軸にと考えていました。木曜日の枠順前まではゴールドアクターとキタサンブラックで悩んでましたが、最内枠と大外枠で極端に分かれたので、こちらにしようと決めました。

倉本:なるほど。その采配はバッチリ的中ということですね!あと、最も注目すべきはカレンミロティックを相手に入れていたこと。倉本自身は無印評価にしていましたが..........
馬券山田:昨年3着に好走していますし、枠も展開も恵まれた感があったので、チャンスはあると。一回印から消しましたが、戻して良かったです(笑)

倉本:近走の成績を見ただけでは、なかなか買えませんね。ちなみに、敗れたゴールドアクターとシュヴァルグランについてはどう思われますか?
馬券山田:ゴールドアクターは外枠が相当厳しかったです。あと、距離も心持ち長かったのが響いた気がします。また、シュヴァルグランも内を器用に回ってきてましたが、ペースが緩すぎましたね。誰かが動いてもう少し流れれば、勝っていたかもしれない内容でした。

倉本:その通りだと思います。ゴールドアクターとサウンズオブアースは距離が長すぎますし、外枠が痛かったですね。
馬券山田:次回距離短縮して2頭ともに巻き返してくる可能性が高いと思うので、見直したいです。

倉本:最後に、来週のNHKマイルCに向けての抱負と指数コラム、自分の予想について簡単に説明して頂けますか?
馬券山田:今の東京の馬場状態や3歳マイル路線の混沌具合を見ると、難解なレースが予想されますが、今週同様に大きな馬券をゲットできるように頑張ります。また、指数コラムは新聞『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析〜倉本匠馬produce』や公式HPにも記載していますが、過去の内容を見て独自の数値を出しているので、ぜひ平日の段階から注目して頂きたいです。案外、人気していない馬が高い場合も多いので、その辺りを注意して相手の1頭としてなど有効活用して欲しいです。最後に、自分の予想のウリですが、馬場と指数予想中心なので、なかなか安定感のある予想はできないですが、今回のような大きな馬券や当たる時は連続して当たるので、その辺りをぜひ参考にして欲しいと思います。

倉本:今回はレース後すぐにも関わらず、ありがとうございました。馬券CN山田さんの予想は、『公式HP・ G1購入ページ』や『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析〜倉本匠馬produce』の新聞にて購入可能ですので、来週もよろしくお願いします。