『仕上がり途上で大敗の○○。この馬の次走以降の走りを見逃すな!』

【京都版】
24日(日曜日)
6レース 芝1600m
①ミッキーグッドネス(ヴェロン騎手)

着順:2着
将来性:D

総評:京都はダートの短距離で大活躍中のダノンレジェンドの妹である、ミッキーグッドネスをピックアップしたい。
レースでは外枠と新馬特有のスローペースに泣かされる2着となったが、最後の直線の伸びは秀逸で、脚を余す内容であった。
また、馬体を見ても、1400〜1600mがベストな舞台で、叩いた次走は勝ち負け必至と言える。

【中京版】
24日(日曜日)
6レース 芝2000m
②トレジャーハンター(田辺騎手)

着順:9着
将来性:D

総評:今週の中京は3番人気9着で人気を裏切る形で大敗した、トレジャーハンターを取り上げたい。
レースでは幼さを見せる部分が多かった上に、スローペースを馬群に揉まれた後方からの競馬で力を出し切れておらず、調教を見てもまだまだ仕上がり途上の印象があった。
今回こそは結果を残せなかったが、叩いて徐々に良くなりそうなタイプで、2〜3戦後の未勝利戦で狙いたい1頭だ。