将来性の参考値
A:世界トップクラス
B:G1級
C:重賞級
D:3歳戦で2勝級
E:1勝止まり

【京都版】
10日(土曜日)
5レース 芝1600m
①シンハライト(池添騎手)

着順:1着
将来性:D

総評:重賞路線でも活躍したアダムスピークやリラヴァティ、アダムスブリッジを兄妹に持つこの馬。
レースでも好センスを見せる競馬で、2着以降を突き放す強い内容であった。
まだまだ余裕残しだった事を考えると叩いた上積みもありそうで、今後の活躍が楽しみな1頭だ。

11日(日曜日)
5レース 芝1800m
②パーシーズベスト(松山騎手)

着順:2着
将来性:D

総評:パドックで一際目立っていた馬で、次走注目したいこの馬から取り上げる。
レースではまだまだ幼い面を見せる中で2着に好走し、力のある部分が垣間見える競馬となった。
一度使った上積みも大いにありそうで、次走のメンバーにもよるが芝の中距離路線の未勝利クラスでは、すぐに勝ち負けになる1頭である。

【東京版】
10日(土曜日)
5レース 芝1600m
③ワンブレスアウェイ(柴山騎手)

着順:1着
将来性:D

総評:今週のG1秋華賞にも出走を予定しているキャットコインの全妹からピックアップしたい。
パドックを見る限りでは姉同様に、やや馬体面では物足りないように映るが、身体全体のバランスは特筆すべきモノがある。
また、レースでも外から差し切る強い競馬で、次走への期待感を持たせる内容だっただけに、昇級いきなりから活躍を楽しみに待ちたい。