【阪神版】
3日(土曜日)
5レース 芝1800m
①アドマイヤビスタ(ルメール騎手)

着順:1着
将来性:D

総評:土曜日の阪神芝1800mで勝利したアドマイヤビスタに注目したい。
レースでは直線で外にササる幼さを見せたが、1番人気に応える見事な勝利であった。
馬体から見ても、芝のマイル〜中距離路線で楽しめそうなタイプで、叩いた次走の上積みも大いに見込める。

【中山版】
3日(土曜日)
5レース 芝1600m
②アウェイク(柴山騎手)

着順:5着
将来性:D

総評:レースでは5着に敗れてしまったが、パドックで一際目立っていたアウェイクを取り上げる。
ゲートで大きく後手を踏む不利があった事を考えると悪くない5着で、新馬戦らしい展開に対応出来なかった。
また、スタートさえ変わってこれば一変しそうなタイプで、東京など長い直線におけるレースで変わり身を期待したい。

4日(日曜日)
5レース 芝1800m
③マツリダバッハ(蛯名騎手)

着順:1着
将来性:D

総評:エイシンフラッシュの弟で、千葉セリ最高額2億520万円で落札されたマツリダバッハをピックアップしたい。
6月に予定していたレースを回避し10月まで待つデビューとなったが、この馬の魅力はバランスが素晴らしい事である。
また、今後更に良くなる余地を残しており、ダービー馬の兄にどこまで近づく事が出来るか注目したい1頭だ。