将来性の参考値
A:世界トップクラス
B:G1級
C:重賞級
D:3歳戦で2勝級
E:1勝止まり

15日(土曜日)
5レース 芝1800m
①レプランシュ

着順:1着
将来性:D

総評:土曜日の新潟の新馬戦から、レプランシュを取り上げたい。
レースでは最後方からの競馬で、絶望的と見られた位置から上がり32.4秒の脚を駆使し、直線一気に差し切ってのデビュー勝ちを飾った。
しかし、様々な面で嵌っての勝利で、メンバーレベルも微妙に映り、次走以降の対戦を注意して見て行きたい1頭である。

16日(日曜日)
5レース 芝1800m
②アラバスター

着順:1着
将来性:D

総評:日曜日の札幌の新馬戦から、アラバスターを取り上げたい。
阪神JFを制覇したレーヴディソールの子供で、注目度が非常に高い1頭であったが、レースでは先行し、直線で一気に差し切って見事新馬勝ちを飾った。
しかし、現時点では母同様に完成度が高いタイプとは言えず、展開などに恵まれての勝利で、次走が試金石の1戦になりそうである。