☆JBC対談☆

倉本匠馬と馬産地NAOKI対談記事

編:編集部
倉:倉本匠馬
NAOKI:馬産地NAOKI

ポイント
①人気馬サンライズノヴァとタガノディグオの評価とは!?
②倉本匠馬と馬産地NAOKIのオススメ馬について
③地方馬について

編:さて、今週もジャパンダートダービーと函館記念の2本立てで、対談を行っていきたいと思います。まずは、水曜日に大井競馬場で行われるJpnⅠ、ジャパンダートダービーについて倉本さんと馬産地NAOKIさん、私の3名で行っていきます。先週の川崎スパーキングレディーCに続いてよろしくお願いします
一同:よろしくお願いします。

編:先週はまさかの1倍台に支持されたホワイトフーガが馬券に絡まない大波乱。今週もおそらくユニコーンSで圧勝したサンライズノヴァが1番人気が予想されます。この馬の取捨選択が馬券的中に必須となるでしょう。それぞれ評価についてはいかがでしょうか。
NAOKI:前走控えても良さが出ましたし、戸崎騎手が上手く乗った印象ですね。今回は東京コースから大井に替わりますが、直線も長いですしこのコースをよく知る騎手なのでその辺りは問題ないでしょう。もちろん上位候補ですよ。
倉:うーん。個人的には少し疑ってかかりたい部分があるんですよね。もちろん、前走は素晴らしい走りを見せていましたが、2000mへの距離延長に不安が残ります。今回出走するリゾネーターなどに敗れたのも1800m戦ですし、2走前も松若騎手の暴走があったにせよ最後止まっているようにも見えるんですよね。

NAOKI:確かに距離が延びると走りのリズムが良くないようにも映りますし、2000mだと若干甘くなる可能性はありますね………。ただ、外枠なので上手く溜めて運べればこなせると思いますが。
倉:京都1800mの500万で園田CSを勝利したタガノディグオに先着してますし杞憂の可能性もありますが、人気ほど信頼したくない1頭です。
編:伏竜Sも鳳雛Sも確かに甘くなっているようにも見えるので、その辺りがポイントになりそうですね。ただ、力があることは誰のから見ても分かるので明日までに考え直したいと思います。ちなみに、上記でも名前が挙がったタガノディグオについてはどういった評価でしょうか。

NAOKI:追ってしっかり伸びるタイプですし、直線の長い大井コースに替わるのは条件面において好転と言えるでしょう。馬体重もありますし、前走は園田の深い馬場への対応も見せました。脚質面に若干の不安がありますが、前が崩れるような形になればもちろん勝ち負けを意識できる存在しょうか。
倉:この馬についてはNAOKIさんとほぼ同じ認識ですね。ゲートや展開面に不安がある馬なので、頭数が少なくギュッと一団になりやすい地方の舞台はこの馬向きでしょう。

編:タガノディグオについても前走でリゾネーターを破っていますし、500万時もユニコーンSを勝利したサンライズノヴァと接戦を繰り広げていますので侮れない存在ですね。他にもリゾネーターやサンライズソアなど楽しみな馬はいますが、オススメ馬を教えて頂けますでしょうか。
NAOKI:私は、ローズプリンスダムに注目したいですね。前走は10番人気と低評価の扱いを受けていましたが、ユニコーンSを勝利したサンライズノヴァを競り落とす見事な競馬でした。また、前回は出負けが影響しポジションを自ら取りに行く競馬でやや厳しいレースに。今回はスタート出るでしょうし、内枠でロスなく運べれば前回に続いてあっと言わせる場面があっても不思議ではないですよ。馬が一息入れて良くなってきていますし、今回は更に良い動きを見せるでしょう。
倉:いやー、ローズプリンスダム良い馬ですね。負けてるレースを見ると、どのレースも緩い流れからの競馬なので先行馬が多いここはチャンスでしょう。大野騎手に若干の不安はありますが、スンナリ運んで直線外目に出せれば楽しめそうです。個人的にはリゾネーターに注目したいですね本命にするかは別として、スンナリ運べれば一番実力がある訳ですし、大井ならばジックリ動くことも可能でしょう。とにかく早目のレース運びを意識し、得意の4角先頭の競馬が出来れば簡単には止まらないでしょう。
NAOKI:園田の時は小回りと深い馬場が合わなかった印象もありますし、巻き返しの可能性は十分にありますね。

編:ありがとうございます。ローズプリンスダムとリゾネーターについては人気も手頃で美味しいと思うので、その辺りの馬を上手く絡めて馬券構築を考えてみます。これに含めてノーブルサターンや東京ダービーを制したヒガシウィルウィン、羽田盃を制したキャプテンキングなど面白いメンツが勢ぞろいしているので非常に楽しみです。
NAOKI:ただ、地方組は厳しそうですよね。ヒガシウィルウィンは森騎手の怪我の影響で本田騎手に乗り替わり。確かにこの馬はクセがなく乗りやすいイメージのある馬なので、その辺りは問題ないでしょう。ただ、羽田盃で敗れたキャプテンキングは中央時代にワンパンチ足りない競馬が続いていましたし、前走は距離の利もあって先着出来ましたが、一枚落ちる印象なんですよね。
倉:確かに、キャプテンキングを物差しで考えると勝ち負けできるパンチ力はないですよね。ただ、上手く運べば3着に絡んでくる可能性は0ではないので、その辺り展開面を含めてもう一度考えたいと思います。

編:やはり今年は混戦模様のメンツですし、倉本さんがいつもおっしゃる展開面や馬場が結果に大きく左右しそうな気がしています。どの馬を軸に置くかが一つのポイントになると思うので、編集部一同考え直したいと思います。
倉:私はこのレースを月に最大2レース配信の自信度穴☆☆☆☆(地方競馬特別版)として配信します。公式ホームページとnetkeibaの『ウマい馬券(地方版)にて火曜日夜に更新予定です。渾身の予想を皆さんに公開できればと思っていますので、ぜひご期待ください。大勝負ししっかりと馬券的中したいと思います。